1.趣 旨

医療機器である弾性ストッキングなどの弾性着衣や弾性包帯は、下肢静脈瘤の治療、慢性静脈不全による静脈性潰瘍、深部静脈血栓症・肺血栓塞栓症の治療と予防およびリンパ浮腫の治療に幅広く使用されている。合併症なく十分な効果を得るためには、正しい適応、弾性着衣や弾性包帯の圧迫圧・タイプ・サイズの適切な選択、着用時および着用後の注意深い観察が大切である。このため日本静脈学会では弾性着衣や弾性包帯の適切な使用および圧迫療法の普及のため、弾性ストッキング・圧迫療法コンダクターの教育、養成ならびに認定を行う。

2.業務の範囲

弾性ストッキング・圧迫療法コンダクターの業務は医師の指示のもと、弾性着衣の種類やサイズの選択、着用指導、着用後の不満や問題点のなどの相談を引き受け、正しい着用を継続できるよう指導を行うことである。業務範囲は各人がもつ国家資格の範囲を超えるものではない。

3.弾性ストッキング・圧迫療法コンダクター養成委員会

本業務を円滑に遂行するため、日本静脈学会の中に弾性ストッキング・圧迫療法コンダクター養成委員会をおく。

4.弾性ストッキング・圧迫療法コンダクターに要求される知識および技術

1)静脈疾患(肺血栓塞栓症を含む)、リンパ管疾患、に対する基礎的な知識
2)弾性ストッキングなどの弾性着衣や弾性包帯に関する専門的知識および技術
3)慢性静脈不全による静脈性潰瘍に対する基礎的知識および技術
4)圧迫療法全般に関する基礎的知識および技術

5.認定対象者

日本国における医師、薬剤師、看護師、准看護師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、診療放射線技師、臨床工学技士、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師のいずれかの資格を有していること(2020年5月現在)。

6.資格認定および更新

資格認定および更新:弾性ストッキング・圧迫療法コンダクター養成委員会が資格認定および更新認定を行なう。新規資格申請には、講習会(認定試験を含む)を受講した上で、受講後2年6ヶ月以内に臨床指導10単位(注)の提出を必要とする。

弾性ストッキング・圧迫療法コンダクターの資格は5年間有効とし、更新には資格終了前2年間に施行される認定講習会を再度受講するか、同期間中に臨床指導内容書30単位を作成し提出する。

注)臨床指導内容書は、1症例につき潰瘍治療5単位、通常治療2単位、予防的使用1単位とする

なお、「旧弾性ストッキング・圧迫療法コンダクター」の方は、2022年3月までを暫定期間として、臨床指導内容書30例の提出による「旧弾性ストッキング・圧迫療法コンダクター」の資格の更新を認め、2027年3月末をもって「旧弾性ストッキング・圧迫療法コンダクター」の資格を廃止する。2022年4月以降は「弾性ストッキング・圧迫療法コンダクター講習会」あるいは「弾性ストッキング・圧迫療法コンダクター静脈圧迫処置追加講習会」を受講し、「弾性ストッキング・圧迫療法コンダクター」から「弾性ストッキング・圧迫療法コンダクター」への切り換えによる更新をおこなうこと。

7.認定・更新のための提出書類

事務局の所在地は変更されることがあるため、書類送付直前にホームページで書類送付先を確認すること。
申請書類には、メールアドレス、連絡のできる電話番号、Fax番号を必ず記入すること。なおメール受信設定は申請者の責任で事務局からのメール(Gmail)を受信できるように設定すること(特に携帯メールアドレスを使用する場合は注意を要する)。申請はメール送信あるいは郵送にておこなうこと。

1)初回認定:
  1. 申請申込書(ホームページよりダウンロード
  2. 国家資格のコピー(またはPDF) 
  3. 認定講習会受講証明書のコピー(またはPDF)(下記8参照)
  4. 10単位分の臨床指導内容書(下記9参照)
  5. 申請料の振り込みが確認できる取引明細書等のコピー(またはPDF) 
    申請料:5,000円(認定料・返信用切手代を含む)
    振込先:みずほ銀行 新宿支店 普通預金2259887 弾性ストッキング・圧迫療法コンダクター認定事務局
  6. ※弾性ストッキングコンダクター養成講習会受講後2年6ヶ月以内に申請を行うこと。

2)更新認定:
  1. 更新申請申込書(ホームページよりダウンロード
  2. 前回の認定書のコピー(またはPDF)
  3. 新しい認定講習会受講証明書のコピー(またはPDF)または30単位分の臨床指導内容書
  4. 申請料の振り込みが確認できる取引明細書等のコピー(またはPDF)
    申請料:3,000円(認定料・返信用切手代を含む )
    振込先:みずほ銀行 新宿支店 普通預金2259887 弾性ストッキング・圧迫療法コンダクター認定事務局
  5. *更新を失念した場合、認定期間が過ぎてから2年以内であれば、特例として認定講習の受講で更新可能とする。

3)認定証発行について
認定証の発行は年間4回。3月末、6月末、9月末、12月末
※申請書類の提出がすべて完了した日以降の一番近い、上記発行日に認定証を発行する。
例)4月上旬申請書類提出完了→6月末認定証発行

申請書類送付先(2020年5月現在)
〒236-0037
神奈川県横浜市金沢区六浦東1-21-1
横浜南共済病院 心臓血管外科内
弾性ストッキング・圧迫療法コンダクター認定事務局

4)認定証再発行について
認定証や受講証明書を紛失した場合、事務局で確認のうえ再発行が可能である。メールで事務局に連絡・依頼すること。所定の手数料が発生する。

8.認定講習会

講習会の内容:テキスト、スライド等を活用した講義、弾性ストッキングや弾性包帯を用いた実技指導をおこなう。同日に認定試験を実施する。講習会の時間は5〜6時間程度とする。
1)講義
脈管系の解剖・生理、静脈およびリンパ疾患の概要、慢性静脈不全による静脈性潰瘍の概要、弾性ストッキングなどの弾性着衣や弾性包帯を中心とする圧迫療法の概要
2)実技
弾性ストッキング着脱法、弾性包帯の使用法、慢性静脈不全による静脈性潰瘍に対する圧迫療法の実技
3)認定筆記試験
講義および実習終了後に約30分間、10題程度を目安として実施する。不合格者に対する再試験の方法は別に定める。

※講習会を受講し試験に合格すると「弾性ストッキング・圧迫療法コンダクター講習会受講証明書」が発行される。その後に臨床指導内容書(10単位)を添えて申請すると、「弾性ストッキング・圧迫療法コンダクター認定証」を発行され、コンダクターとしての認定が得られる。なお、認定証には「静脈圧迫処置のための所定の研修を修了した」との一文が記載される。

※講習会は、日本静脈学会理事、評議員を地区世話人として、毎年、全国各地で開催される。詳細は、このホームページの「開催予定」を参照のこと。

※甚大な自然災害や感染拡大防止の観点から大規模集会の開催が困難な場合には、インターネットを利用したオンライン講習会をおこなうことがある

9.臨床指導内容書

臨床指導期間
1)初回認定:講習会受講日より2年間
2)更新認定:前回認定日以降
所定の用紙に診断名、指導目的および指導内容を記載し、職場責任者の署名または記名+捺印を受ける。
※職場責任者とは、施設の長(院長など)や職域の責任者(医長、看護師長、主任、科長、技師長、その代理など)をさす。
※臨床指導内容書は、下記よりダウンロード可能である。
1.弾性ストッキング・圧迫療法コンダクター臨床指導内容書
2.弾性ストッキング・圧迫療法コンダクター臨床指導内容書記入例

10.弾性ストッキング・圧迫療法コンダクター講習会協力員

講習会を円滑に運営し充分な実技指導を行うため、弾性ストッキング・圧迫療法コンダクター講習会協力員(以下、講習会協力員と略す)を定める。弾性ストッキング・圧迫療法コンダクター(旧弾性ストッキング・圧迫療法コンダクターを含む)の有資格者が講習会の補助者として実技指導を行った場合、講習会会長から感謝状を発行する。3回以上の補助にて「日本静脈学会 弾性ストッキング・圧迫療法コンダクター講習会協力員」として認定申請が可能である。申請は講習会協力員申請書(ホームページよりダウンロード)および3回分の感謝状のコピーを弾性ストッキング・圧迫療法コンダクター認定事務局へ送付する(手数料無料)。

講習会協力員に認定されていても、弾性ストッキング・圧迫療法コンダクターの資格は有効期間ごとに更新する必要があり、同資格を失った場合には講習会協力員の認定も無効となる。

講習会協力員の認定は、弾性ストッキング・圧迫療法コンダクター養成委員会でおこない(年2回、6月と12月)、ホームページに氏名を掲載する(任意)。

11.その他

改姓され、講習会受講証や前回認定証と姓が異なる場合は、改姓を確認できる書類(戸籍証明書類、または、運転免許証裏表のコピーなど)を、申請書類に追加すること。
             付則 この規定は2011年8月1日より施行する
                     2012年6月29日改定
                     2014年11月13日改定
                     2015年1月1日改定
                     2017年8月24日改定
                     2019年7月5日改定
                     2020年5月23日改定